治療方針 鈴鹿市のみなさまへ 鈴鹿市の歯医者さん ホワイト歯科

・上下に動く歯以外はなるべく抜かない

上下に動く歯以外はなるべく抜かない鈴鹿市のみなさま 
当院の抜歯に対する基本姿勢は、「上下に動く歯以外はなるべく抜かない」ということです。
院長が歯学部学生のころは、「ぐらついた歯は抜きましょう」と習いましたが、今の歯科治療レベルは昔とはぜんぜん違っています。歯が一本なくなるごとにその人の寿命は短くなってしまいます。なるべく自分の歯を残すべきです。
歯槽膿漏、虫歯、親知らず、歯列矯正などでは抜歯が必要となることがあります。しかし歯科医の仕事は「歯を救うこと」ですから、歯を抜くことは歯科医の敗北なのです。
患者さんが、きちんと歯のケアができる人であれば、横に揺れている歯は抜かずにすみます。
上下に揺れている歯は骨から浮き上がっているわけですから抜歯すべきです。
クラウンブリッジについては、歯の根っこだけしか残っていない場合は「分割コア」(保険適応)にすれば抜けないので持ちが良くなります。

・説明と同意

説明と同意当院院長は口腔外科の出身です。口腔外科に来られる患者さんは骨折、顎関節症、癌などや開業医レベルではできない困難な抜歯ですから、とにかく患者さんへの説明を徹底していました。ですから当院では患者さんにきちんと説明し、患者さんに「治療できました」といえるレベルの歯科治療を常に心がけてきました。
しかし患者さんの評価には、治療だけでなくて、説明の良しあしや待ち時間の長さもあります。患者さんの満足レベルの追及にはきりがありません。

・理論に基づいた診断と治療

理論に基づいた診断と治療理論に基づいた診断を行い、それに基づいた治療をします。
例えばよく患者さんに、「親知らずは抜かないといけませんか?」と聞かれます
親知らずを抜くか抜かないか。それには、理論に基づいた理由があります。
「痛くない盲腸を切るか?」と聞かれたら、切りませんよね。親知らずも同じで、親知らずがあることが有害である場合のみ、抜歯する必要があるのです。
親知らずが有害なケースは2つあって、ひとつは歯茎が腫れている場合。この場合は、上にある親知らずを抜けば腫れはひきます。親知らずが斜めに生えて歯茎から出てきている水平埋伏の場合は、手前の歯と親知らずの間が磨けないので虫歯になる可能性があります。この場合も予防的な抜歯をおすすめします。
今はよくても、生きている限りその状態は続くわけですから、その間虫歯にならないことはまずありません。

あるいは歯茎の一部分が腫れた場合には、「なぜそこが腫れているのか」を論理的に考えて治療する必要があります。
腫れているとか痛いという症状があった場合、歯を抜いてしまえば、症状はスッキリなくなるでしょう。しかし、当院はまず「いかに歯を残すか」を考えて、「なぜその治療を行うのか」という理論に基づいて治療をしているのです。

・滅菌について

滅菌について院長は口腔外科の出身ですから、滅菌と消毒についての正式な教育を受けています。
感染とは、病原菌が移ることです。風邪がうつるのも、多くは飛沫感染によるものです。エイズや肝炎なども移るので、感染症対策は医療の要でもあります。
口腔内から細菌が身体に入るのを防ぐためには細心の注意が必要です。
歯科での感染は、「患者さん→患者さん」の水平感染と、「医療者→患者さん」の垂直感染に分けられます。水平感染対策は、器具や機械の滅菌消毒、ディスポーザブルのコップや注射針などで対応し、垂直感染は、グローブの患者さんごとの交換、定期的なスタッフの健康診断などで対処しています。
歯根の治療を行う際に使うリーマー(根管を拡大・清掃する器具)という針も、細菌が多い所で使うものとそうでないものとでは、当院では箱を分けて管理しています。

基本的な治療の流れ

基本的な治療の流れまず患者さんから主訴(なぜ、当院に来たのか)をうかがいます。
次に、写真とレントゲンを撮影してお見せし、ご自身の口の中の状態を知っていただきます。
そして、治療としてまず当院に来院した原因の症状を治療します。
治療が終わればそのほかに、虫歯や歯槽膿漏がないかチェックして、定期的な歯の健康管理に移行します。
患者さんが希望されれば、だいたい3カ月後に治療したところをチェックするためにお越しいただきますが、たった3カ月で虫歯になる人はいませんから、歯石除去をすることになります。
歯周炎末期の歯槽膿漏や、歯肉炎に対する治療法は、歯のブラッシングと歯石除去です。きちんと歯が磨けなければ歯石を取った次の日から又歯石が付いていきますから、歯磨き指導はとても重要です。

一生自分の歯で噛むためには、まず自分の口の中を知ることが大切です。
虫歯はどのくらいあって、どのくらい歯槽膿漏になっているか。又それを治療するかどうか。
ひと通り当院で治療が終わった方は、定期検診にお越しいただければ、その時虫歯や歯石があれば保険診療で治療できます。
自分の口の中に興味をお持ちいただくことが、結果として自分の歯を残すことにつながるのです。

LinkIconデジタルレントゲンの安全性についてはこちらから

・インプラントについての考え方

インプラントについての考え方インプラントは便利に思えますが、入れてから20年、30年もメンテナンス無で持つものではありません。しかもインプラントは骨についていますから、かむ力が強くかかるのです。自分の歯であれは噛む力を加減できますが、インプラントの場合は思いっきりかんでしまって上部構造(歯の部分)を壊してしまうケースが少なくありません。
ご高齢になってからインプラントが壊れてしまったら、またお金をかけて入れ直すのはたいへんな負担です。
インプラントを作り直さない場合は、インプラント体を歯肉で埋める埋入処置を行った後、その上に入れ歯を入れることになります。
ですから、インプラントの後処理はなかなかたいへんです。インプラントを入れるときには、数年後の老後のことをまで考えて、入れるかどうかの判断が必要だと考えるべきでしょう。

当院では、インプラントでなければ治せないという症例、もしくは適応症のしっかりしている場合しか、インプラント治療をしないようにしています。「ダメになったらすぐ抜いてインプラント」など、とても怖い話ではないでしょうか?

・歯科治療にかけるコストについて

240x160_09.png当院の治療の基本は保険診療です。
保険以外の材料を使わなければ、治療の目的が達成できない場合のみ保険外治療をおすすめします。保険では超えられない治療のハードルを越えるためにのみ自費をおすすめしています。最初から高額の治療が最高の治療だとは思っていません。

歯科治療は患者さんの状態を改善するための一連の行為です。ですから、ひとつひとつの処置や検査だけの値段を考えることは本来はおかしなことだと思います。治療をした結果として治療費をお支払いいただきますが、当院の歯科医師が考えているのは「その患者さんに、どのような治療が最適か」ということです。
歯科医師は情報を開示して、患者さんご自身に治療方法を選んでいただきます。
若い女性であれば、前歯を治すのに自費治療をおすすめすることもあります。しかし、お歳を召した方が生活費を削ってまで自費治療を行う必要はないかもしれません。そうであれば保険治療をおすすめします。つまりその方の自分の身体に対する考え方でも治療の方法は変わってきますから、その患者さん一人一人にとってベストの治療行為を行った結果としてお支払いいただくのが、当院における治療費の考え方です。前歯一本を数万円かけて「買う」のではないのです。


矯正治療が必要なケースの場合は、提携している矯正歯科医をご紹介して、しっかりとした矯正治療をお勧めしております。

・時間外診療について

診療時間外や連休中に、もしも歯が痛くなった場合は、当院で治療中の患者さんに限っては、診察券の表に院長の携帯電話番号が書いてありますので、非常の場合はこちらにご連絡ください。

鈴鹿市・ホワイト歯科の「見える歯科治療」
三重県鈴鹿市の歯医者さん 近鉄白子駅前 治療方針

milk_btn_pagetop.png

長岡院長の「歯の話」

↑見出しをクリックしてGO!


大きな地図で見る

住所

〒510-0241 三重県鈴鹿市白子駅前9-30

TEL : 059-387-6636

ホワイト歯科の「見える歯科治療」
三重県鈴鹿市の歯科・歯医者さん
近鉄名古屋線白子駅前


携帯電話の方はこちらから
三重県鈴鹿市の歯医者 ホワイト歯科 QRコード

三重県鈴鹿市/介護パート・アルバイト職員求人鈴鹿の北さんち