入れ歯  三重県鈴鹿市の歯医者さん ホワイト歯科

・やみくもに入れ歯を入れるのは考えもの

やみくもに入れ歯を入れるのは考えもの「バルプラスト」に変えたケース。当院ではブリッジで治療できない方に対しては、入れ歯をお勧めすることにしています。
歯の欠損があるからといって、やみくもに入れ歯を入れるのは考えものです。
入れ歯を入れるというのはどうしても年齢を感じさせるからです。
ある患者さんは4カ所に小さな入れ歯を(4つ)入れていたのですが、当院では保険治療ですべてブリッジに入れ替えました。そうするとその患者さんは来院するたびに、驚くほど若返って見えられました。

人間は、上下に一対の大臼歯さえあれば咀嚼の60%をカバーできると言われています。つまり上下に1本ずつの歯があれば十分ごはんは食べられるわけです。
ですから小さい入れ歯を入れる理由は、「歯が欠けた場合にそれ以外の、残った歯を守る」という目的しかありません。
また小さな入れ歯を使いこなせるようになっていれば、大きな入れ歯を入れたときに無理がありません。いきなり総入れ歯を入れるのはおすすめできません。

保険で入れることができる入れ歯は、残った歯に針金をかける昭和30年代当時の技術構造で、残った歯に負担がかかってしまうものです。
現代の入れ歯はバルプラスト・デンチャーといって、歯に負担をかけず、金属でできたクラスプを使用しないノンスクラプ=針金が見えない義歯が主流になっています。当院ではこちらをお勧めしています。

・入れ歯は正規のものを、清掃もこまめにやりましょう

入れ歯は正規のものを入れ歯は複雑な構造をしています。
設計に問題のある入れ歯は、残った歯をぐらつかせてどんどんダメにしてしまいます。
入れ歯が合わないために、残った歯をダメにしている人も少なくありません。このような場合は、最終的には患者さんの判断におまかせしますが、入れ歯の作り直しが必要です。

また入れ歯はメンテナンスと清掃が大切です。定期的に洗って噛み合わせのチェックをしましょう。

入れ歯はメンテナンスと清掃が大切です。

・時間外診療について

診療時間外や連休中に、もしも歯が痛くなった場合は、当院で治療中の患者さんに限っては、診察券の表に院長の携帯電話番号が書いてありますので、非常の場合はこちらにご連絡ください。

ホワイト歯科|三重県鈴鹿市の歯医者さん

鈴鹿市・ホワイト歯科の「見える歯科治療」三重県鈴鹿市の歯医者さん 近鉄白子駅前 入れ歯

milk_btn_pagetop.png

長岡院長の「歯の話」

↑見出しをクリックしてGO!


大きな地図で見る

住所

〒510-0241 三重県鈴鹿市白子駅前9-30

TEL : 059-387-6636

ホワイト歯科の「見える歯科治療」
三重県鈴鹿市の歯科・歯医者さん
近鉄名古屋線白子駅前


携帯電話の方はこちらから
三重県鈴鹿市の歯医者 ホワイト歯科 QRコード

三重県鈴鹿市/介護パート・アルバイト職員求人鈴鹿の北さんち